茨城県日立市のプロパンガス料金比較

茨城県日立市

お引越しを検討している方もご参考にしてください。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1500円

【従量単価】
適正価格=300円~390円
平均額=475円
※平均値360円で算出。

【月間金額】
適正価格=5100円
平均額=6250円

【年間金額】
適正価格=61200円
平均額=75000円

【トータル】
月間差額=1150円
年間差額=13800円 (税抜)

茨城県日立市の適正価格

年間での差は適正価格の方が13800円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

日立市(ひたちし)は、茨城県の北東部にある市。市域の大半は旧多賀郡で一部は久慈郡である。総合電機メーカー・日立製作所の創業の地として知られる。

  • 隣接自治体
    高萩市、常陸太田市、那珂市、
    那珂郡東海村
  • 総人口
    184,573人(推計人口、2015年2月1日))
  • 概要
    日立鉱山から発展した鉱工業都市である。1905年(明治38年、江戸時代から採掘されていた日立村の赤沢銅山を久原房之助が買収し日立鉱山に改名、久原鉱業所(現在のJX日鉱日石金属)を創業して以来の企業城下町として、後年はその機械部門が分離・独立した日立製作所・日立グループの企業城下町となるが、現在は両社とも本社を東京に移転している。他に、日立市と同様に鉱山町から企業城下町になった地域としては、新居浜市(別子銅山→住友グループ)が代表的である。元来、7世紀の国造の時代から、現日立市の中心部は助川(すけがわ)という地名だったが、1939年(昭和)14年9月1日に助川町が日立鉱山を擁する日立町と新設合併して市制を敷く際に日立市となった。1939年以後、都市名と企業名の混同を避けるために、日立市民は都市名を『日立(ひたち)』と呼び、日立製作所を『日製(にっせい)』と呼んで区別している[1](日製の略称はかつての日製商事=現在の日立ハイテクノロジーズなど、日立グループでも用いられる)。戦後の一時期、人口は県庁所在地の水戸市を上回っていたことがある。しかし、近年は日立グループの再編などによって人口が減少し、十王町の編入にも拘らずかつて21万人を数えていた人口も20万人を割った。現在はつくば市に抜かれ、県内3位となっている。
  • 祭、郷土芸能
    日立さくらまつり:
    4月初旬、平和通りとかみね公園を中心に開催される。日立風流物(山車)数基が披露される。

    常陸国YOSAKOI:
    5月20日前後の土日に開催(日立会場は土曜日開催・多賀市民プラザ)

    日立あんどんまつり:
    8月。かみね公園に多数の行灯やぼんぼりが灯される。

    よかっぺ祭り:
    9月中旬、多賀地区を中心に開催される。「よかっぺ」は方言で「よい」あるいは「よいでしょう?」の意味。

    金砂神社磯出大祭礼:
    72年に一度、3月に行われる。西金砂神社および東金砂神社は常陸太田市(旧・金砂郷村)の神社であるが、この大祭礼は両神社と日立市水木浜の間を往復する。

    日立風流物(国指定重要有形・無形民俗文化財・ユネスコ世界無形文化遺産)

    日立ささら(県指定無形民俗文化財):
    獅子頭を被った3人の舞手がお囃子に合わせて舞う民俗芸能。

※一部wikipediaより引用