[LPガス]東京都内でガス漏えい火災事故が発生しました

平成28年6月4日(土)に東京都内の露天商でガス漏えい火災事故(重傷1名、軽傷1名)が発生しました。

事故の概要

平成28年6月4日(土)に東京都内の露天商でガス漏えい火災事故が発生しました。これを受け、高圧ガス保安法に基づき、6月20日(月)、東京都を通じて関東東北産業保安監督部に第一報がありました。事故の詳しい状況は以下のとおりです。

事故発生日時

事故発生日時:平成28年6月4日(土)午後2時41分頃

事故発生場所

東京都

人的被害

重傷1名、軽傷1名

物的被害

なし

事故概要

東京都内で露天商による調理中に、LPガス容器に接続されていた管が外れ、調理中の火気に引火し、調理中の店員が重傷を負い、同所にいた別の店員も軽傷を負う事故が発生しました。原因は、現在詳細調査中です。

供給事業者

調査中

ガス種

液化石油ガス(LPガス)

機器分類

調査中

注意喚起について

○質量販売で液化石油ガスを購入し使用する場合には、液化石油ガス販売事業者から取扱いの説明を十分に受け、それに従って使用するようにしてください。
○ガスの臭いを感じたら、直ちに緊急連絡先(液化石油ガス販売事業者又は保安機関)へ連絡してください。
• 使用中の火気は全部消してください。
• 火気は絶対に使用しないでください。
• 着火源となる換気扇、電灯等のスイッチに絶対手を触れないでください。
• 窓や戸を大きく開けてください。
• ガス栓やメーターガス栓を閉めてください。
• 液化石油ガスは本来臭いがありませんが、ガスが漏れた時にすぐに気づくように、付臭してあります。
○LPガス容器が不要となった際は、液化石油ガス販売事業者に処分を依頼して下さい。
○ガス漏れの発生を素早く認知するには、ガス警報器の設置が効果的です。なお、ガス警報器は、常に電源コンセントに接続しておいてください。
○ガスの消費設備を使用した際、異常を感じた場合は使用を中止し、速やかに製造メーカー又は液化石油ガス販売事業者へ連絡してください。

ご相談窓口

プロパンガス料金値下げ案内所では主に現在使用のガス料金が適正であるか等、ガス代に関する事が多く寄せられてくるインフォメーションセンターです。