群馬県館林市の適正価格と平均価格の比較

群馬県館林市の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1852円

【従量単価】
適正価格=280円~350円
平均額=558円
※平均値315円で算出。

【月間金額】
適正価格=4650円
平均額=7432円

【年間金額】
適正価格=55800円
平均額=89184円

【トータル】
月間差額=2782円
年間差額=33384円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

群馬県館林市の適正価格

年間での差は適正価格の方が33,384円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

館林市(たてばやしし)は、群馬県南東部にある市。旧邑楽郡。上毛かるたで「ツル舞う形」と喩えられた群馬県の「ツルの頭」に位置する。

  • 隣接自治体
    邑楽郡邑楽町、千代田町、明和町、板倉町
    栃木県:足利市、佐野市
  • 総人口
    76,521人(推計人口、2016年2月1日)
  • 概況
    今から約2万年前に館林に最初に人々が住み始めた。中世になると赤井氏、長尾氏、由良氏などが館林を本拠地とし、最終的には1590年に徳川四天王の一人である榊原康政が関東以北への押さえとして館林城に入り城下町を整備した。江戸時代の第五代将軍徳川綱吉が城主だった時期(25万石)もある。
    ツツジの名勝・群馬県立つつじヶ岡公園や、全国的に有名な分福茶釜の物語で知られる茂林寺、群馬県立館林美術館、製粉ミュージアムなどの観光地がある。
    群馬県の平成の大合併以前からあった市としては、唯一市町村合併を行わなかった市であるが、邑楽郡大泉町を除く邑楽郡4町との合併に向けた研究会を設置している(現在協議中)。小麦が多く取れることから、日本のチェルノーゼムと自称している。また七五三は、館林城主徳川徳松の健康回復を願って1681年に始まったものが全国に広がった。
  • 特産品
    • 麦落雁
    • 醤油
    • 地酒
    • 焼き饅頭
    • うどん
    • つつじ
    • 綿織物(館林唐桟)
  • 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
    • 群馬県立つつじが岡公園
    • 旧秋元別邸(館林藩最後の藩主である秋元家が所有していた建物)
    • 東武トレジャーガーデン(旧、ザ・トレジャーガーデン館林)
    • 日本最大級の薔薇のロングボーダーガーデンがある。
    • 茂林寺(分福茶釜で有名)
    • 茂林寺沼
    • 城沼(館林城の近くにあることから)
    • 多々良沼(白鳥の越冬地として有名)
    • 群馬県立館林美術館
    • 向井千秋記念子ども科学館
    • 製粉ミュージアム(製粉の歴史博物館)
    • 雲龍寺(田中正造の墓)
    • 善導寺(榊原康政の墓)
    • 彫刻の小径
    • 田山花袋記念文学館
    • 田中正造記念館
    • 狩野ぼたん園 – 2014年一般公開終了
    • 館林城跡
    • 鶴生田川
    • 「世界一こいのぼりの里まつり」が行われ、こいのぼりの数は、およそ5640体。開催期間は5月13日までである。
    • 2004年3月27日-5月9日まで行われた「世界一こいのぼりの里まつり」での掲揚数5283体をもって、2005年5月5日付けで、ギネス社より「一番多く・一つの地域で同時に揚げてあるウインドウソックス」という部門で世界記録に認定された。

※一部wikipediaより引用