群馬県桐生市の適正価格と平均価格の比較

群馬県桐生市の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1852円

【従量単価】
適正価格=280円~350円
平均額=558円
※平均値315円で算出。

【月間金額】
適正価格=4650円
平均額=7432円

【年間金額】
適正価格=55800円
平均額=89184円

【トータル】
月間差額=2782円
年間差額=33384円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

群馬県桐生市の適正価格

年間での差は適正価格の方が33,384円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

桐生市(きりゅうし)は、群馬県の東部に位置する市の一つ。
日本を代表する機業都市であり、奈良時代から絹織物の産地として知られ、桐生織は京都・西陣の西陣織と並び称された。その歴史を物語るように、市域には数多くの歴史的建造物、史跡などの文化財が残されている。1921年(大正10年)の市制施行当時の区域は旧山田郡。現在の市域は、旧山田郡・足利郡・安蘇郡・勢多郡の区域で構成される。市域人口は約12万人。

  • 隣接自治体
    前橋市、伊勢崎市、太田市、
    沼田市、みどり市
    栃木県:足利市、佐野市
  • 総人口
    114,292人(推計人口、2016年2月1日)
  • 概要
    上毛かるたで「桐生は日本の機どころ」と詠まれるなど、古くから絹織物の産地として知られる。川内町北部は古く仁田山と呼ばれ、仁田山紬の産地として知られた。地名の由来は、「桐が多く自生する土地」から「桐生」とも、「霧が多く発生する土地」から「霧生」とも言われているが、どちらも決め手は無い。
    1889年(明治22年)に町村制が施行され、山田郡桐生新町を中心とする町村合併によって桐生町が発足した。桐生町は1921年(大正10年)に東毛地域内で最も早く市制を施行した。旧市街地には商家や鋸屋根の織物工場など歴史的建造物が残っている。
    日本を代表する絹織物の産地であり、製糸、撚糸、染織、縫製など、繊維に関する様々な技術が集積していることから「織都(しょくと)」という雅称がある。絹織物の繁栄により蓄えられた富は、桐生明治館・桐生倶楽部・水道山記念館など多くの文化財や市営桐生が岡公園・大川美術館などを生んだ。下水道普及率も70%を越え、群馬県内の市では高崎市と並んでトップレベルにある。
    市のキャッチフレーズは、「伝統と創造、粋のまち桐生」。絹織物によって育まれた高い技術によって、パチンコ産業や自動車部品産業などでいくつもの優良企業が誕生した。また、地元に国立群馬大学工学部がある利点を活かし、産学官連携による次世代のエネルギー産業の育成にも積極的に動いている。
    長く桐生競艇からの収益に依存したこと、高い起業熱や優れた人材の多さが市内から全国区の優良企業を多く生んだことなどから、県内他市と比べて大型工場の誘致に熱心でなかった。その結果、現在では人口減少という深刻な課題が生じている。さらに、両毛地方ではモータリゼーションの進展に伴う中心市街地の空洞化が問題となっており、伝統的建造物を利用した旧市街地の活性化が図られている。
    野球が盛んで「球都」と呼ばれる。市内には全国制覇を経験した桐生第一高等学校や、甲子園で準優勝を二度果たした群馬県立桐生高等学校があるほか、硬式野球部を持つ7校中5校が甲子園を経験している。
    隣接するみどり市とは、様々な方面で相互補充の関係にあり、東毛エリアでも一括りに扱われることが多い。
  • 観光名所・旧跡
    • 彦部家住宅 (広沢町6丁目)
    • 柄杓山城跡 (梅田町1丁目)
    • 桐生自然観察の森 (川内町2丁目)
    • 大川美術館
    • 桐生織物記念館
    • 桐生地域地場産業振興センター
    • 織物参考館・紫(ゆかり)
    • 関の磨崖仏 (新里町関)
    • 武井廃寺塔跡 (新里町武井)
    • ぐんま昆虫の森 (新里町鶴ヶ谷)
    • 水沼駅温泉センター 通称「かっぱ風呂」(黒保根町水沼、わたらせ渓谷鐵道水沼駅に併設)
    • 梨木温泉 (黒保根町宿廻)
    • 異国調菜 芭蕉
    • 山上城跡
    • 聖フランシスコ修道院
    • 聖クララ会修道院
    • 群馬大学工学部同窓記念会館
    • 新里サクラソウ群落
    • 古路瀬渓谷
    • 亀石
  • 人物芸能人・音楽家
    • 川口節子(女優)
    • 桐生かほる(女優)
    • 篠原涼子(女優)
    • 橘実里(女優)
    • 安田祥子(歌手)
    • 由紀さおり(歌手)
    • コロムビア・ローズ(歌手、『東京のバスガール』)
    • 塚田京子(声楽家・国立音楽大学助教授)
    • 白井真弓(声楽家)
    • 小森谷徹(タレント・リポーター)
    • トランプマン(マジシャン)
    • 上条欽也・上条盛也(PENPALS、ミュージシャン)
    • MIYA(ミーヤ)(レ・ロマネスク、ミュージシャン)
    • 山中千尋(ピアニスト)
    • 下山静香(ピアニスト)
    • ストロングマシン2号(ダンサー)
    • バーチカル(reggae deejay)
    • 片桐舞子(MAY’S、シンガーソングライター)

    桐生に縁のある著名人
    • 渡辺崋山 – 実妹が桐生へ嫁いだ縁で、数回来桐している。
    • 坂口安吾 – 晩年に転居、桐生に歿する。
    • 南川潤 – 妻の実家のある桐生に疎開する。
    • オノサト・トシノブ – 父の転勤により、桐生に移住する。
    • 中島健吉
    • 稲川東一郎 – 旧制桐生中(現:桐生高校)卒。同校野球部監督。
    • 星野富弘 – 旧勢多郡東村出身、桐生高校卒。現在桐生市新里町在住。
    • 彦部晴直・彦部信勝
    • 中村俊介・樹徳高等学校卒業。

※一部wikipediaより引用