群馬県吾妻郡高山村の適正価格と平均価格の比

群馬県吾妻郡高山村の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1852円

【従量単価】
適正価格=280円~350円
平均額=557円
※平均値315円で算出。

【月間金額】
適正価格=4650円
平均額=7422円

【年間金額】
適正価格=55800円
平均額=89064円

【トータル】
月間差額=2772円
年間差額=33264円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

群馬県吾妻郡高山村の適正価格

年間での差は適正価格の方が33,264円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

高山村(たかやまむら)は、群馬県中北部、吾妻郡に属する村。吾妻郡の東端に位置し、ほぼ四方を山に囲まれる山村である。村内のもっとも低いところでも標高約420mであり、もっとも高いところは標高1250mを超える。1998年10月1日に施行された光環境条例によって、夜空が守られている。

  • 隣接自治体
    渋川市、沼田市、
    利根郡みなかみ町、吾妻郡中之条町
  • 総人口
    3,613人(推計人口、2016年6月1日)
  • 沿革
    • 1878年(明治11年)12月7日 – 郡区町村編制法の群馬県での施行により、行政区画としての西群馬郡を設置。
    • 1889年(明治22年)4月1日 – 町村制施行に伴い、西群馬郡の尻高村と中山村が合併し高山村が誕生。(現・高山村尻高、高山村中山)
    • 1896年(明治29年)4月1日 – 高山村が西群馬郡から吾妻郡へ編入され、現在に至る。
    • 1953年(昭和28年)5月18日 – 二級国道145号長野原沼田線として指定施行。
    • 1965年(昭和40年)4月1日 – 二級国道145号が道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道145号となる。
  • 観光
    • 群馬県立ぐんま天文台
    • 大理石村ロックハート城
    • 「ぐんまリフレッシュ高原リゾート」に指定されている。
    • 天然温泉の高山温泉がある。
    • 江戸時代、三国街道の宿場町であり、中山宿や、新田宿が保存されている。
    • 名久田[2]教会 – 明治20年(1887年)に建てられた県内最古の洋風建築物。
    • 塩原太助馬つなぎの松
    • みどりの村キャンプ場
    • 関越ゴルフ倶楽部中山コース
    • 上毛森林カントリー倶楽部
    • 高山ゴルフ倶楽部
    • 群馬県立北毛青少年自然の家
    • たかやま高原牧場
  • 出身著名人
    • 澄田智 – 日本銀行総裁 (1916 – 2008)
    • 平形幸夫 – 弁護士 (1955 – 1992)
    • 山岸悟 – 日本銀行

※一部wikipediaより引用