群馬県吾妻郡草津町の適正価格と平均価格の比較

群馬県吾妻郡草津町の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1852円

【従量単価】
適正価格=280円~350円
平均額=555円
※平均値315円で算出。

【月間金額】
適正価格=4650円
平均額=7402円

【年間金額】
適正価格=55800円
平均額=88824円

【トータル】
月間差額=2752円
年間差額=33024円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

群馬県吾妻郡草津町の適正価格

年間での差は適正価格の方が33,024円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

草津町(くさつまち)は、群馬県北西部に位置する吾妻郡の町である。地元では「くさづ」とも読まれる。

  • 隣接自治体
    吾妻郡長野原町、中之条町、嬬恋村
    長野県:上高井郡高山村
  • 総人口
    6,492人(推計人口、2016年6月1日)
  • 歴史
    地名の由来は硫黄臭の強い草津温泉を表した「くさみず」「くそうづ」により、室町時代後期に「草津」、戦国時代に「草生津」「九相津」、江戸時代に「草津」と書かれた。江戸時代の延宝年間には草津温泉の利用者を取り締まる「草津村御法度の次第」が制定されている。戦国時代以来、傷病者、特にハンセン病患者で賑わい、明治期の大火を経て医学博士のエルヴィン・ベルツとコーンウォール・リーによりハンセン病に効く湯治場としての地位が確立された。年表
    • 1889年(明治22年)4月1日 – 町村制施行に伴い、吾妻郡草津・前口・赤岩・小雨・生須・太子・日影・入山の8箇村が合併し、草津村が成立。
    • 1900年(明治33年)7月1日 – 草津村のうち、草津・前口が草津町として分立する。他の地区は六合村(現・中之条町)となる。
  • 観光名所・旧跡
    • 草津温泉
    • 草津熱帯圏
    • 片岡鶴太郎美術館
    • 草津国際スキー場
    • 草津白根山
    • 常布の滝
    • 草津高原ゴルフ場
    • 志賀草津道路

    祭事・催事
    • 5月 – 花祭り
    • 6月 – 草津国際男子テニス(2005年 – )
    • 7月 – 白根神社祭り
    • 8月 – 温泉感謝祭
    • 8月 – 草津国際音楽アカデミー&フェスティバル
    • 不定期開催 – 草津国際女子テニス大会(2002年 – )

  • 人物出身著名人
    • 中村俊介(俳優)
    • 荻原健司(元スキーノルディック複合選手、元参議院議員)
    • 荻原次晴(スポーツコメンテーター・タレント、元スキーノルディック複合選手)
    • 山本富雄(元農林水産大臣)
    • 山本一太(元内閣府特命担当大臣)
    • 進音(シンガーソングライター)

    草津にゆかりのある著名人
    • エルヴィン・フォン・ベルツ:草津温泉を再評価し、世界に紹介した。

※一部wikipediaより引用