群馬県北群馬郡榛東村の適正価格と平均価格の比較

群馬県北群馬郡榛東村の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1852円

【従量単価】
適正価格=280円~350円
平均額=560円
※平均値315円で算出。

【月間金額】
適正価格=4650円
平均額=7452円

【年間金額】
適正価格=55800円
平均額=89424円

【トータル】
月間差額=2802円
年間差額=33624円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

群馬県北群馬郡榛東村の適正価格

年間での差は適正価格の方が33,624円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

榛東村(しんとうむら)は、群馬県のほぼ中央部、榛名山の東麓にある村。

  • 隣接自治体
    前橋市、高崎市、渋川市、北群馬郡吉岡町
  • 総人口
    14,346人(推計人口、2016年2月1日)
  • 概要
    群馬県は、東国における古代文化の中心として、数多くの古墳、及び遺跡から出土する埴輪が知られているが、ここ榛東村も中小の古墳が散在する(ベッドタウン開発により減少傾向)。特に、高塚古墳(群馬県林業試験場構内)は、全長60m、6世紀に作られた中規模の前方後円墳で、県史跡に指定されている。
    元々は農業を中心とした産業構成だが、近年は前橋、高崎、渋川といった近傍の都市のベッドタウンとして人口は増加傾向にある。
    また、村内には陸上自衛隊の相馬原駐屯地(第12旅団司令部)がある。師団・旅団司令部がある自治体としては唯一の村である。
    同駐屯地は、隣接して相馬原演習場・飛行場があり、ヘリコプターが上空を飛んでいるところがよく見られる。
    2009年5月5日に、富士見村が消滅したことに伴い、県内で最も人口の多い村となった。
  • 歴史沿革
    昭和の大合併により、1957年(昭和32年)3月30日、北群馬郡桃井村(第一次)と群馬郡相馬村大字広馬場が合併して、桃井村(第二次)が誕生。(相馬村大字柏木沢は旧箕郷町に編入された。)その後村名を公募し、1959年(昭和34年)8月1日に現在の村名となった。
    また、この合併のときに、旧箕郷町(旧相馬村)柏木沢の小学生が榛東村の相馬小学校(現:南小学校)へ越境通学するといった問題が発生した。
    平成の大合併では当初、渋川広域圏の合併協議に参加していたがほどなく離脱。その後2004年になって、吉岡町との1町1村による合併を目指して任意合併協議会を設立したが、新庁舎の問題や住民意見との乖離が表面化し、協議会は解散となった。

    年表
    • 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行に伴い、西群馬郡に桃井村(第一次)が誕生。
    • 1896年(明治29年)4月1日 西群馬郡と片岡郡が合併して群馬郡となり、群馬郡桃井村となる。
    • 1949年(昭和24年)10月1日 群馬郡から北群馬郡が分立し、北群馬郡桃井村となる。
    • 1952年(昭和27年)7月12日 相馬ヶ原駐屯地事件。
    • 1957年(昭和32年)1月30日 ジラード事件。
    • 1957年(昭和32年)3月30日 北群馬郡桃井村と群馬郡相馬村の一部が合併して、北群馬郡桃井村(第二次)が誕生。
    • 1959年(昭和34年)8月1日 桃井村(第二次)が榛東村に改称し、現在に至る。
    • 1978年(昭和53年)7月20日 上越新幹線榛名トンネルの工事により、トンネル上部に当たる山子田の土地(県道と田畑)が陥没する事故が発生(人・家屋への被害無し)。
    • 2009年(平成21年)10月26日 村役場の新庁舎が完成し、山子田から新井(現在地)に移転。

  • 名所・旧跡・観光スポット
    • 茅野遺跡
    • 耳飾り館
    • 柳沢寺
    • 黒髪山神社
    • 榛東村ぶどう郷
    • しんとうワイナリー
    • ガラメキ温泉
    • 地球屋ハルナグラス

※一部wikipediaより引用