群馬県北群馬郡吉岡町の適正価格と平均価格の比較

群馬県北群馬郡吉岡町の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1852円

【従量単価】
適正価格=280円~350円
平均額=559円
※平均値315円で算出。

【月間金額】
適正価格=4650円
平均額=7442円

【年間金額】
適正価格=55800円
平均額=89304円

【トータル】
月間差額=2792円
年間差額=33504円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

群馬県北群馬郡吉岡町の適正価格

年間での差は適正価格の方が33,504円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

吉岡町(よしおかまち)は、群馬県のほぼ中央、北に群馬県渋川市、東に群馬県前橋市と隣接する、榛名山の東麓に広がる利根川沿いの町。
前橋市に隣接する大久保地区にショッピングモールが建設される等の発展を見せている。

  • 隣接自治体
    前橋市、渋川市、北群馬郡榛東村
  • 総人口
    21,183人(推計人口、2016年2月1日)
  • 地理
    群馬県のほぼ中央に位置し、榛名山の東麓と利根川地域に町域がある。西半分は榛名山の裾野の一部で、標高200~900mの傾斜地。一方東半分は、標高100~200mの洪積層からなる台地となっている。
  • 歴史
    • 1889年4月1日 – 町村制施行により西群馬郡に駒寄村・明治村が誕生。
    • 1896年4月1日 – 西群馬郡・片岡郡が合併し群馬郡が発足、群馬郡駒寄村・明治村となる。
    • 1949年10月1日 – 群馬郡から北群馬郡が分立し、北群馬郡駒寄村・明治村となる。
    • 1955年4月1日 – 北群馬郡駒寄村・明治村が合併し、北群馬郡吉岡村が発足。
    • 1985年10月2日 – 関越自動車道前橋IC~湯沢IC間開通。町内に駒寄PA開設。
    • 1991年4月1日 – 町制施行し、吉岡町となる。
    • 2006年7月20日 – 町内最初のショッピングセンター・イオンショッピングセンター(マックスバリュ・メガマート)が閉店する。
    • 2006年10月1日 – 社会実験を終え、駒寄SICが常設化。
    • 2007年4月22日 – 町長選挙を実施。第4代町長に石関昭が当選。(議会は無投票16名。)
    • 2007年5月31日 – 石関町長が「群馬建設新聞」のインタビューにおいて、合併推進を称える。
    • 2007年10月10日 – 群馬バス(イオン高崎~吉岡町役場前~北下~しんとう温泉線)が開業。
    • 2010年3月20日 – 国道17号前橋渋川バイパス新坂東橋が開通。
    • 2010年3月28日 – 道の駅よしおか温泉がオープン。
  • 名所・旧跡・観光スポット
    • 小倉ぶどう郷
    • 女神館
    • 珍宝館
    • 船尾滝
    • 伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館道の駅
    • よしおか温泉

※一部wikipediaより引用