群馬県利根郡川場村の適正価格と平均価格の比較

群馬県利根郡川場村の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1852円

【従量単価】
適正価格=280円~350円
平均額=556円
※平均値315円で算出。

【月間金額】
適正価格=4650円
平均額=7412円

【年間金額】
適正価格=55800円
平均額=88944円

【トータル】
月間差額=2762円
年間差額=33144円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

群馬県利根郡川場村の適正価格

年間での差は適正価格の方が33,144円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

川場村(かわばむら)は、群馬県利根郡の村。

  • 隣接自治体
    沼田市、
    利根郡みなかみ町、片品村
  • 総人口
    3,636人(推計人口、2016年6月1日)
  • 歴史沿革
    • 1889年4月1日:町村制施行に伴い利根郡に川場村誕生。
    • 1971年:過疎地域指定を受ける。
    • 1975年:「農業プラス観光」を地域振興の基本理念として種々の地域振興策を講じる[1]。
    • 1981年:東京都世田谷区と縁組協定を締結、世田谷区民健康村の誘致など、交流を始める[2]。
    • 2000年:過疎地域指定解除される。

    「平成の大合併」について
    21世紀初頭に日本中で行われた平成の大合併は川場村にとっても例外ではなく、当初沼田市に利根郡8町村を加えた枠組での合併が検討された。
    一方、2002年1月に村の若手管理職らで構成される研究会が報告で「村単独の存続」「周辺町村との合併」に加え、それまで20年以上交流を続けていた「東京都世田谷区との合併」を選択肢の1つとして提示した。 これについて横坂太一村長(当時)は「近いから合併するというではなく、ソフト面での結びつきを考えなければならない」と肯定的な見解を述べ、世田谷区の大場啓二区長(当時)も「合併の申し入れがあれば、財政的な負担も含めて検討する」と応じた。法的には合併は可能であり、県境を接しない飛び地合併の初めてのケースという事で注目を集めたが、現実に村と区とでは160kmも離れている上、群馬県の中に東京都の飛地ができるのは、地域感情や手続き(県議会・都議会の議決および両知事の承認が必要となる)といった面で様々な難しい問題を生じさせかねない事から、実現しなかった。
    2005年には利根郡域において、昭和村と片品村を除く5町村が沼田市(編入)とみなかみ町(新設)に再編され、川場村は単独の生き残りを選択する事となった。

  • 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
    • 道の駅川場田園プラザ
    • ホテルSL・ほたか高原駅
    • 川場村中央公園
    • 川場村歴史民俗資料館
    • 日本切り絵百景館
    • 川場スキー場
    • 吉祥寺(花の寺、新上州観音霊場三十三カ所)
    • 武尊神社
    • 川場フィッシングパーク
    • 川場温泉
    • 塩河原温泉
    • 武尊温泉
    • 桜川温泉
    • 小住温泉
    • 門前春駒 – 群馬県重要無形民族文化財。毎年2月11日に養蚕の守護神「金甲稲荷神社」に奉納される踊り。大正時代、それまで毎年来村して春駒踊りをしていた旅芸人がある年から来なくなったところ、不作が続いたため、村人が代わりに踊るようになった。地元の若者が女装して旅芸人一家(父・母・娘)に扮し、村内約130戸を回って家内安全と五穀豊穣を祈る奇祭として知られる。
  • 出身有名人
    • 江口きち(歌人)
    • 桑原鶴(外交官・著作家)
    • 今井今助(川場村村長、衆議院議員)
    • 宮内良(歌手・ミュージカル俳優、おかあさんといっしょ4代目うたのおにいさん)

※一部wikipediaより引用