福岡県八女郡広川町の適正価格と平均価格の比較

福岡県八女郡広川町の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:2021円

【従量単価】
適正価格=400円~450円
平均額=607円
※平均値425円で算出。

【月間金額】
適正価格=5750円
平均額=8091円

【年間金額】
適正価格=69000円
平均額=97092円

【トータル】
月間差額=2341円
年間差額=28092円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

福岡県八女郡広川町の適正価格

年間での差は適正価格の方が28,092円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

広川町(ひろかわまち)は、福岡県の南部にある町で、八女郡に属する。
八女市郡においては、県の強力な指導のもと、市町村合併が進められ、八女郡のほとんどの町村が八女市に合流する道を選んだが、広川町は、多くの住民が久留米市との合併を望んだ。しかし町議会の否決により久留米市との合併は失敗。町議会は八女市との合併を模索したもののこれも合併には至らずに合併特例法の失効を迎えてしまった。現在広川町は町内に九州自動車道の広川インターチェンジ、周辺に工業団地を整備し郡内でも比較的財政基盤が安定しているため、今後も原則として単独町制を貫くとしている。

  • 隣接自治体
    久留米市、筑後市、八女市
  • 総人口
    20,237人(推計人口、2016年2月1日)
  • 地理
    福岡県の南部、内陸部に位置する。町の西部は筑後平野の東端部にあたり、筑後地方の各都市の市街地に近い。九州自動車道と国道3号が町内を南北に貫く。これに対して、町の東部は山地であり、昔ながらの集落が広がるのどかな地域である。
    • 川:広川、高間川
    • ダム:広川ダム
  • 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
    • 石人山・弘化谷古墳公園
    • 逆瀬ゴットン館
    • かすり祭り(9月)
    • 広川祭り(10月)
    • 古墳祭り(11月)
  • 出身者
    • 丸山豊 (1915-1989)- 詩人・医師
    • 池尻浩一(競輪選手・広川町町会議員)
    • 鶴真吾(広川町鶴寿奨学会基金提供者)
    • 野田国義(政治家・衆議院議員)

※一部wikipediaより引用