埼玉県蓮田市の適正価格と平均価格の比較

埼玉県蓮田市の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1777円

【従量単価】
適正価格=280円~320円
平均額=526円
※平均値300円で算出。

【月間金額】
適正価格=4500円
平均額=7037円

【年間金額】
適正価格=54000円
平均額=84444円

【トータル】
月間差額=2537円
年間差額=30444円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。
お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

埼玉県蓮田市の適正価格

年間での差は適正価格の方が30,444円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

蓮田市(はすだし)は、埼玉県中東部にある人口約6万2千人の市である。旧南埼玉郡。東京都特別区部への通勤率は22.9%、さいたま市への通勤率は18.8%(いずれも平成22年国勢調査)。
かつては二点之繞を用い「蓮田市」と表記していたが、2011年の仕事始めに合わせ一般的な“一点之繞”の表記に改めた。

  • 隣接自治体
    さいたま市、桶川市、上尾市、久喜市、
    白岡市、北足立郡伊奈町
  • 総人口
    62,284人(推計人口、2016年2月1日)
  • 歴史
    約3万年前から人が住んでいたといわれており、市内には多くの貝塚・住居跡等の遺跡が残されている。また、市内の高台を中心に中世の武士城館跡が残るなど人々の暮らしの跡がみられる。江戸時代においては、市内域はほぼ岩槻藩領であり(時期や場所により一部天領・旗本領等あり)、荒川の付け替えにより元荒川の水量が減少したことや見沼代用水の開通に伴い新田の開発が盛んに行われた。明治時代に入り、鉄道が開通し蓮田駅が開業したことにより、同駅を中心に市街地が形成されていった。
    • 1885年(明治18年)7月16日 – 日本鉄道蓮田駅が開業。
    • 1889年(明治22年)4月1日 – 蓮田村・貝塚村・閏戸村が合併し、南埼玉郡綾瀬村となる。
    • 1924年(大正13年)10月19日 – 武州鉄道蓮田駅 – 岩槻駅間が開業する。
    • 1934年(昭和9年)10月1日 – 綾瀬村が町制施行と同時に名称変更、蓮田町となる。
    • 1938年(昭和13年)9月3日 – 武州鉄道が経営難を理由に廃止される。
    • 1954年(昭和29年)5月3日 – 南埼玉郡蓮田町・黒浜村・平野村が合併し、蓮田町となる。
    • 1956年(昭和31年)1月1日 – 岩槻市の一部(川島及び馬込の一部)を編入する。
    • 1972年(昭和47年)10月1日 – 市制施行により、蓮田市となる。
    • 1988年(昭和63年)4月1日 – 防災行政無線運用開始。
    • 2011年(平成23年)1月4日 – 条例改正により、市名が蓮田市(しんにょうの点が二つ)から蓮田市(しんにょうの点が一つ)へと変更された。
  • 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
    • 芥川龍之介自撰自筆の碑
    • 西城沼公園
    • はすだ市民まつり(8月下旬)
    • さくらまつり(4月上旬)
    • コスモスまつり
    • 江ヶ崎城址 – 元・県指定史跡、現在は石碑のみ
    • 閏戸の式三番(埼玉県指定無形民俗文化財)
    • 関山貝塚・黒浜貝塚 – それぞれ縄文時代前期の土器型式である関山式及び黒浜式の標式遺跡として知られており、黒浜貝塚は国の史跡に指定されている。
    • 蓮田市文化財展示館 – 黒浜式土器・関山式土器等を展示
    • 武州鉄道 – 北足立郡神根村石神(現在の川口市石神)の神根駅から蓮田駅まで通っていた鉄道。
    • 2007年まで開催されていた行政主体の蓮田シティマラソンが中止され久しかったが、自治体からの補助金を受けない市民団体主催の蓮田マラソンが2012年より開催(例年11月に開催されている)されるようになった。
  • 関係する人物 出身人物
    • 天野篤(外科医)
    • 飯野喜四郎
    • 谷口紗耶香(女性ファッションモデル)
    • 和田琢磨(歌手)
    • にゃんたぶぅ(はすだ広報大使)

    ゆかりのある人物
    • 深川仁志(NHKアナウンサー) – 東京都生まれだが、小学校高学年以降大学卒業まで当市で過ごす。
    • 笛木優子(女優)
    • 浜谷健司(ハマカーン、芸人)
    • ライオネス飛鳥(プロレスラー) – 東京都生まれだが、育ったのは当市。
    • 小牧昌平(イラン研究者)

※一部wikipediaより引用