埼玉県新座市の適正価格と平均価格の比較

埼玉県新座市の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1777円

【従量単価】
適正価格=280円~320円
平均額=529円
※平均値300円で算出。

【月間金額】
適正価格=4500円
平均額=7067円

【年間金額】
適正価格=54000円
平均額=84804円

【トータル】
月間差額=2567円
年間差額=30804円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。
お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

埼玉県新座市の適正価格

年間での差は適正価格の方が30,804円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

新座市(にいざし)は、埼玉県南部にある人口約16万2千人の市である。東京都特別区部への通勤率は33.0%(平成22年国勢調査)。1970年に市制施行、近年急速に発展した。ベッドタウンとして住宅開発が進む一方、出版・物流業を中心に工場・倉庫なども多く見られ、昔ながらの雑木林なども見られる。

  • 隣接自治体
    朝霞市、志木市、所沢市、
    入間郡三芳町
    東京都:練馬区、清瀬市、西東京市、
    東久留米市
  • 総人口
    163,012人(推計人口、2015年12月1日)
  • 市名の由来
    太平宝字2年(758年)、奈良朝廷は、新羅の僧32人、尼2人、男19人、女21人を武蔵国に移し、新羅郡を置いた。平安時代にこれが新座郡(にいくらぐん)と改称された。承平年間(931年-938年)編纂の和名類聚抄で、新座郡の名前が初見される。
  • 地域町名由来
    • あたご – 小字、愛宕裏の地名から。江戸時代に愛宕社があったとされる。市内北西部に位置する。
    • 池田(いけだ) – 黒目川 の氾濫から、田んぼが池の様になった為。埼玉県立新座高等学校、佐川急便練馬営業所、関越自動車道新座料金所 がある。
    • 石神(いしがみ)- 江戸時代の村名から。
    • 大和田(おおわだ) – 鎌倉時代から使われている地名。市内北西部、新座駅西側のエリア。農地も多いようである。新座貨物ターミナル駅(一部、清瀬市に跨る)、東武バスウエストの営業所、埼玉県立新座柳瀬高等学校が所在する。
    • 片山(かたやま) – 鎌倉時代から見出されている地名。丹羽基二によると片山姓発祥の地と言われている。また東京都練馬区の飛び地・西大泉町を内包している(下記参照)。
    • 北野(きたの) – 江戸時代の村名から。野火止の北側の原野を指していた。市内北部に位置し、立教大学新座キャンパス(立教新座中学校・高等学校を併設)がある。
    • 栗原(くりはら) – 江戸時代の村名から。新座市かつ埼玉県の最南端であり、ひばりヶ丘駅北側のエリア。ひばりが丘地区として住宅街を形成。
    • 栄(さかえ) – 台地上にある新開地のため、これから栄えるようにと名付けられた。市内東端のエリアで練馬区との境が入り組んでおり、大泉学園エリアとして住宅街を形成。また、いなげやの店舗やマンションなど「大泉学園」を冠するものが目立つ。
    • 新堀(しんぼり) – 小字・新堀淵の名から。野火止用水からの新たな掘割、との意味も含むという。市内最西端で清瀬駅東側のエリア。清瀬市と東久留米市の間に食い込んだ形となり、東久留米市とは一部野火止用水で市境をなす。
    • 菅沢(すがさわ) – 江戸時代の村名から。市内西部、新座駅南のエリア。十文字学園女子大学がある。
    • 道場(どうじょう) – 小字、道場の名から。鎌倉時代の時宗道場の名をとる。
    • 東北(とうほく) – 小字、野火止東と北野の地名を一文字ずつとって名付けられた。市内最北端のエリアで市内屈指の繁華街。東上線志木駅、イオンや各金融機関の支店が密集している。
    • 中野(なかの) – 江戸時代初期の朱印状に、中野の名が読み取れるという。市内北部のエリアで、三芳町と所沢市に食い込む形になっている。跡見学園女子大学・西武台新座中学校・西武台高等学校がある。英インターチェンジがあり、隣接の大和田地区と共に道路交通の要所となっている。
    • 新座(にいざ) – 江戸時代は水田地帯、大正時代に耕地整理を行う。市内北西部に位置し、住宅公団新座団地の開設・分譲を機に「新座」との地名となる。志木ニュータウンの延長上にある。東武東上線の柳瀬川駅・志木駅両方共利用できる。
    • 新塚(にいづか) – 小字、新塚前・新塚原の地名から。古くは「廻国雑記」にその名がみられる。新座市営墓苑・埼玉県立新座総合技術高等学校がある。一部に市内で唯一の地番エリア(住居表示未実施区域)が残る。
    • 西堀(にしぼり) – 江戸時代の村名から。野火止の西の方にある用水堀だから。野火止用水を境に、旧電電公社旧田無局と清瀬局に別れている。三丁目の大半は、米軍大和田通信所となっている。
    • 野寺(のでら) – 江戸時代の村名から。古くは「廻国雑記」にその名が見られるという。
    • 野火止(のびとめ) – 江戸時代の村名から。古くは野火止塚に由来し、文明年間に記された「廻国雑記」にもこの地名が読みと取れるという。市のほぼ中央のエリア。市役所を初めとした市の中枢機関や新座警察署・新座郵便局と言った公的機関が存在。新座駅・平林寺・凸版印刷がある。
    • 畑中(はたなか) – 江戸時代の小字、「畑ケ中」(はたけなか)の名から。後年、「畑中」と呼ばれるようになる。市内北東部のエリア。高層マンションが立ち並ぶ。
    • 馬場(ばば) – 江戸時代の小字名から。「ばんば」との読み方もあった。市内東部、関越自動車道北側のエリア。ヤマト運輸埼京主管支店がある。
    • 東(ひがし) – 江戸時代の小字、上東・中東・下東の名より。
    • 堀ノ内(ほりのうち) – 江戸時代の村名から。古くは中世城館跡。
    • 本多(ほんだ) – 小字、本多の名から。西武バスの営業所がある。かつては松平公家臣の屋敷町であった。
  • 出身有名人
    • 川島海荷(女優・タレント)
    • 谷合正明(参議院議員)
    • 三宅宏実 (女子重量挙げ選手)
    • 三津谷葉子(女優・グラビアアイドル)
    • 水田芙美子(女優・モデル)
    • 佐藤聖子(歌手)
    • 堤俊輔(アビスパ福岡選手)
    • 山崎祐輔(FC町田ゼルビア選手)
    • 井上敦史(ガイナーレ鳥取選手)
    • 伊藤彰(元サッカー選手)
    • 伊藤勇士(元サッカー選手)
    • 古屋信哉(元サッカー選手)
    • 石田智子(陸上競技選手)
    • 阿部信輔(レフェリー)
    • 加賀繁(プロ野球選手・横浜DeNAベイスターズ)
    • 熊澤とおる(元プロ野球選手・西武ライオンズ)
    • 小畑幸司(元プロ野球選手・広島東洋カープ)
    • 山田潤(元プロ野球選手・西武ライオンズ)
    • 松元繁(元プロ野球選手・ヤクルトスワローズ)
    • 黄川田賢司(元サッカー選手・コンサドーレ札幌)
    • 黄川田将也(俳優)
    • 日向崇(俳優)
    • 永嶌愛里(子役タレント)
    • 古屋暢一(タレント・俳優)
    • 中川充四郎(フリーアナウンサー)
    • 鈴木利男(レーシングドライバー)
    • 富野幸緒(ダンサー、振付家)
    • 波乗りコーイチロー(お笑い芸人)
    • 永野愛(声優)
    • 斎藤学(ゲーム作曲家)
    • 朱門優(ゲームクリエイター)
    • 月山可也(漫画家)
    • 石原昭久(JTマーヴェラス監督)
    • 西田隆一 (テレビ&映像演出家、放送作家、副音声作家、プロデュース24所属)

※一部wikipediaより引用