埼玉県北本市の適正価格と平均価格の比較

埼玉県北本市の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1777円

【従量単価】
適正価格=280円~320円
平均額=526円
※平均値300円で算出。

【月間金額】
適正価格=4500円
平均額=7037円

【年間金額】
適正価格=54000円
平均額=84444円

【トータル】
月間差額=2537円
年間差額=30444円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。
お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

埼玉県北本市の適正価格

年間での差は適正価格の方が30,444円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

北本市(きたもとし)は、埼玉県の東部中央にある人口約6万7千人の市である。東京都特別区部への通勤率は17.0%、さいたま市への通勤率は11.1%(いずれも平成22年国勢調査)。江戸幕府による宿駅整備以前の1602年(慶長7年)まで中山道の宿場、鴻巣宿があったことで知られる。

  • 隣接自治体
    桶川市、鴻巣市、
    比企郡川島町、吉見町
  • 総人口
    67,319人(推計人口、2016年2月1日)
  • 市名の由来と経緯
    • 中山道の宿場・鴻巣宿が1602年(慶長7年)に市宿新田(現在の鴻巣市)に移転し、以後本(元)鴻巣村と呼ばれるようになった。それが転じて本(元)宿村となる。明治時代に入り、同一郡内に本(元)宿村がもう一つ存在(現・さいたま市桜区南元宿)したため、北本宿村に改められた。1889年(明治22年)に周辺村との合併により中丸村となり、旧北本宿村は中丸村大字北本宿となった。
    • その後、1928年(昭和3年)に高崎線の本宿信号場が駅に昇格した際に、所在地が大字北本宿であることから北本宿駅となり、1943年(昭和18年)に中丸村と石戸村が合併した際に、両村の最寄り駅である北本宿駅の名を採り、北本宿村が成立した。
    • 1959年(昭和34年)の町制施行と同時に自治体名を改称し、北本宿の宿を抜いて北本とした。旧中山道本宿交差点にある北本宿の碑や一部の地名辞典などで江戸時代の宿場町と記されるなど、北本という宿場があったかのような誤解が生じる要因となっている。
    • 1971年(昭和46年)の市制施行に先駆け、町内を発祥の地とし、信仰の拠点を置く解脱会関係者を中心として解脱市として市制施行する提案がなされたが実現せず、北本のまま市制施行し現在に至る。
  • 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
    • 石戸城跡
    • 東光寺
    • 石戸蒲ザクラ – 日本五大桜
    • 城ヶ谷堤 – 桜の名所
    • 阿弥陀堂
    • 解脱会御霊地
    • 真福寺(石戸両大師)
    • 北本まつり
    • 北本天然温泉 – 楽市楽湯、湯楽の里
  • 出身著名人
    • 新井甫 – 海軍大佐、真珠湾攻撃時の空母『飛龍』の軍医長
    • 石井堅治 – 農業事業者
    • 石井博 – 言語学者・英文学者・詩人
    • 伊藤敦基 – CBCテレビアナウンサー
    • 大島敦 – 衆議院議員(民主党所属)
    • 岡野聖憲 – 解脱会会祖
    • 遠山啓 – 数学者・晩年在住
    • 小川亜希子 – フリーアナウンサー・キャスター
    • 小林清貞 – 独法学者
    • 塚越礼奈 – 鹿児島放送アナウンサー
    • 福井和美 – 四国放送アナウンサー

※一部wikipediaより引用