埼玉県児玉郡上里町の適正価格と平均価格の比較

埼玉県児玉郡上里町の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1777円

【従量単価】
適正価格=280円~320円
平均額=527円
※平均値300円で算出。

【月間金額】
適正価格=4500円
平均額=7047円

【年間金額】
適正価格=54000円
平均額=84564円

【トータル】
月間差額=2547円
年間差額=30564円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

埼玉県児玉郡上里町の適正価格

年間での差は適正価格の方が30,564円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

上里町 (かみさとまち) は、埼玉県の北部にある人口約3万1千人の町。本庄市への通勤率は20.7%(平成22年国勢調査)。

  • 隣接自治体
    本庄市、児玉郡神川町
    群馬県:高崎市、藤岡市、佐波郡玉村町
  • 総人口
    30,434人(推計人口、2016年2月1日)
  • 概要
    埼玉県の最北端の町で、神流川、烏川を挟み群馬県との県境を有する。町の南東部には大規模な工業団地がある。
    1954年(昭和29年)に児玉郡の神保原村(じんぼはら)、賀美村(かみ)、七本木村(しちほんぎ)、長幡村(ながはた)の4ヶ村が合併して成立した上里村から、1971年(昭和46年)に町制へ移行した。「上里」の名は、かつてこの辺りの一帯を「賀美郡」(かみぐん)と称していたことに因む。
  • 歴史
    1883年(明治16年)12月に東京・上野と群馬・新町を結ぶ日本鉄道(現在のJR高崎線)が開通、1897年(明治30年)11月にはこの地に神保原停車場(現在の神保原駅)が開業した。
    年表[編集]
    • 1954年(昭和29年)5月3日 – 児玉郡神保原村、賀美村、七本木村、長幡村が合併し上里村となる。
    • 1971年(昭和46年)11月3日 – 町制を施行し上里町となる。
  • 出身有名人
    • 相川進也 – 元サッカー選手
    • 相原勝幸 – 元プロ野球選手、現千葉ロッテマリーンズ球団スタッフ

※一部wikipediaより引用