千葉県松戸市の適正価格と平均価格の比較

千葉県松戸市の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1763円

【従量単価】
適正価格=280円~330円
平均額=524円
※平均値300円で算出。

【月間金額】
適正価格=4500円
平均額=7003円

【年間金額】
適正価格=54000円
平均額=84036円

【トータル】
月間差額=2503円
年間差額=30036円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

千葉県松戸市の適正価格

年間での差は適正価格の方が30,036円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

松戸市(まつどし)は、千葉県北西部の東葛地域に位置する都市。東京都(葛飾区、江戸川区)に接する。東京都特別区部への通勤率は37.3%(平成22年国勢調査)。
市域は明治時代以前の下総国葛飾郡の一部を占め、西部は江戸川の沖積平野、東部は下総台地が広がる。
市の中心部の松戸地区は、古くから水戸街道の宿場町として栄えてきた。1896年に鉄道(現在の常磐線)が開通。1943年に東葛飾郡松戸町・高木村・馬橋村が新設合併し、松戸市が発足した。長らく江戸・東京の近郊農村地域であったが、近年は東京のベッドタウンとして発展。千葉県内では千葉市、船橋市に次いで居住人口3位。
東京都八王子市が2015年4月1日に中核市に指定されたため、現在の松戸市は政令指定都市・中核市・特例市のいずれでもない市としては日本一の人口である。

  • 隣接自治体
    市川市、柏市、流山市、鎌ケ谷市
    東京都:葛飾区、江戸川区
    埼玉県三郷市
  • 総人口
    485,616人(推計人口、2016年6月1日)
  • 「松戸」の名の由来
    不明であるが、有力な説として
    • 松戸一帯には後に小金牧が設置されるなど馬の飼育が盛んであった。そこで「馬の里」から「馬里(うまさと)」から「まさと」になり、変化して「まつど」になったといわれる。
    • 松戸神社の伝承では、ヤマトタケルが従者とこの地で待ち合わせたところに祠を祀ったという故事から、「待つ里」→「まつど」→「松戸」と称される由縁になったという。
    • 松戸は太日川(現・江戸川)の川べりにある宿場町であり、渡し舟を「待つ里」から「まつど」に転じたとも考えられる。
  • 名所・旧跡・観光スポット・その他名所・旧跡
    • 小金城址 – 戦国時代高城氏の居城。
    • 根木内城址 – 高城氏の小金城に移る前の居城。
    • 戸定邸 – 徳川慶喜の実弟昭武の屋敷。国の重要文化財。
    • 松戸宿 – 水戸街道江戸より三番目の宿場町。幕末には新選組が滞在。
    • 松戸探検隊ひみつ堂(旧原田米店)
    • 小金宿 – 水戸街道江戸より四番目の宿場町。旅籠玉屋が現存する。
    • 松戸神社ー水戸光圀ゆかりのお宮。山崎直子宇宙飛行士も宇宙飛行の安全祈願に参拝。
    • 風早神社 – 三匹獅子舞が市の無形文化財。
    • 宝光院、善照寺 – 「千葉周作修行之地」と記された標柱があり、後に北辰一刀流を編み出した千葉周作が修行した浅利義信の浅利道場があった場所
    • 納屋川岸跡 – 江戸川舟運の舟問屋及名主として、松戸の繁栄に貢献した青木源内家の屋敷の黒板塀(築地塀)一部を復元している。
    • 東漸寺 – 関東十八檀林の一つ。枝垂桜が有名。
    • 本土寺 – あじさい寺として有名。
    • 万満寺 – 重要文化財の金剛力士像がある。
    • 馬橋 (松戸市)#神社仏閣・史跡
    • 安房須神社
    • 斉藤家竹林
    • 一月寺
    • 矢切の渡し – 環境省日本の音風景100選。
    • 矢切神社
    • 柳原水閘 – 近代化産業遺産、土木学会選奨土木遺産。
    • 栗山配水塔 – 土木学会選奨土木遺産。
    • 矢喰村庚申塚
    • 野菊の蔵
    • 野菊の墓文学碑
    • 野菊苑
    • 二十世紀梨発祥の地
    • 河原塚古墳
    • 常盤平さくら通り – 日本の道100選。
    現在は消滅
    • 竹ヶ花古墳 – 松戸市役所の北東にあたる、当時は竹ヶ花地区となっていた、現在の小根本地区に存在していた。

    祭事
    • 松戸宿坂川献灯まつり
    • 松戸宿坂川河津桜まつり
    • 小金宿まつり
    • 東部地区・東松戸まつり
    • コスモスまつり
    • 松戸花火大会

    住宅団地
    • 常盤平団地 (旧日本住宅公団)、郊外団地、1959年 – 日本初(計画時)の大規模公団住宅団地。
    • 常盤平駅前団地(旧日本住宅公団)、市街地住宅 1963年
    • 小金原団地 (旧日本住宅公団)、郊外団地、1969年
    • 牧の原団地 (旧日本住宅公団)、郊外団地、1975年
    • 野菊野団地 (旧日本住宅公団)、郊外団地、1975年
    • 梨香台団地 (旧日本住宅公団)、郊外団地、1975年
    • 小金原けやき通り団地 (旧日本住宅公団)、郊外団地、1985年
    • グリーンライフ松戸団地 (竹ヶ花)
    • プロムナード北松戸
    • 二十世紀が丘団地
    • 泉ヶ丘団地
    • 新松戸#集合住宅街
    • 松戸沼南しいの木台

  • ゆかりのある人物
    • 平野威馬雄(詩人・フランス文学者) 1947年6月から1986年11月に亡くなるまで、上本郷在住。
    • 平野レミ(歌手、料理研究家、タレント) 1947年6月から1972年に結婚するまで上本郷在住。中部小学校OB。
    • 磯田光一(文芸評論家) 1971年6月から1987年2月に亡くなるまで、松戸新田在住。
    • 水上勉(作家) 1957年9月から1959年10月まで、下矢切在住。
    • 李恢成(作家) 元住民。
    • 那須正幹(児童文学者) 大学を卒業して自動車のセールスマンをしていた頃、栗山に在住。
    • 後藤仁(日本画家-アジアの美人画、絵本画家)松戸市在住。出身地は兵庫県赤穂市[3]。
    • 仙道作三(作曲家) 1970年から北小金に住む。のち新松戸に移る。
    • 村上信夫(シェフ、帝国ホテル顧問。小金原で晩年を迎える。)
    • 斉藤洋介(俳優)2006年1月28日放送のテレビ東京系「出没!アド街ック天国」‐『松戸』にて、「北小金駅近辺に住むこと13年」と公言。その前には関口宏の東京フレンドパークIIなど、複数の番組で数回語っている。現在は東京都世田谷区に引っ越したと某番組でコメント[要出典]。出身地は愛知県名古屋市。
    • 清水善三(俳優) 専修大学松戸高等学校出身。
    • 仲村トオル(俳優) 専修大学松戸高等学校OB。
    • 高木美保(女優) 出身地は東京都葛飾区。
    • 加藤紀子(女優、タレント) フジテレビ「ハピふる!」で小金原のベーカリー店が紹介された際、松戸に住んでいた事があるとコメント。出身地は三重県鈴鹿市。
    • 桜井幸子(女優、松戸市育ち)
    • 大河内奈々子(女優) 聖徳大学付属中学校OB。出身地は東京都葛飾区。
    • 長谷川京子(女優) 千葉県立松戸国際高等学校OG。
    • 富川春美(元アイドル) 千葉県立松戸南高等学校OG
    • 山本梓(グラビアアイドル、タレント) 専修大学松戸高等学校OG
    • 佐藤弥生(タレント) 専修大学松戸高等学校OG。
    • 押切もえ(ファッションモデル) 出身地は市川市。
    • 山野拓也(お笑い芸人、ブラックパイナーSOS) 専修大学松戸高等学校OB。
    • 倉木麻衣(歌手) 聖徳大学附属高等学校から立命館宇治高等学校へ転校。
    • 大友康平(ミュージシャン) 出身地は宮城県。
    • 小野正利(ミュージシャン) 専修大学松戸高等学校OB
    • 清原和博(元プロ野球選手) 松戸市内の病院に入院。
    • 明神智和(サッカー選手、元サッカー日本代表) 千葉県立小金高等学校OB。兵庫県出身。
    • 西山哲平(元サッカー選手。ベルマーレ平塚大分トリニータに所属)専修大学松戸高校OB
    • 井上怜奈(1992年アルベールビルオリンピック・1994年リレハンメルオリンピック・2006年トリノオリンピックフィギュアスケート種目代表選手) 新松戸南中学校OG。出身は兵庫県西宮市。
    • 武田奈也(フィギュアスケーター)、小学生時の練習リンクが新松戸スケートセンター
    • 町田樹 (フィギュアスケーター)、3歳のとき友達に誘われて自宅近くの新松戸アイスアリーナ(2002年閉鎖)でスケートを始める。

※一部wikipediaより引用