千葉県成田市の適正価格と平均価格の比較

千葉県成田市の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1763円

【従量単価】
適正価格=280円~330円
平均額=528円
※平均値300円で算出。

【月間金額】
適正価格=4500円
平均額=7043円

【年間金額】
適正価格=54000円
平均額=84516円

【トータル】
月間差額=2543円
年間差額=30516円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

千葉県成田市の適正価格

年間での差は適正価格の方が30,516円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

成田市(なりたし)は、関東地方の東部、千葉県の北部中央の下総台地に位置する市。
成田国際空港や成田山新勝寺などで知られており、国際ビジネス・イノベーションの拠点として国家戦略特区に指定されている他、業務核都市や国際会議観光都市にも指定されている。

  • 隣接自治体
    印西市、富里市、香取市、
    印旛郡酒々井町、栄町、
    香取郡多古町、神崎町
    山武郡芝山町
    茨城県稲敷郡河内町
  • 総人口
    131,720人(推計人口、2016年6月1日)
  • 概要
    成田山新勝寺、宗吾霊堂の二大霊場を有する門前町として栄えた。明治期には宮内庁下総御料牧場が置かれるなど、1950年代まで観光と農業の振興を二大施策とした田園都市であった。1960年代に入ると市の南東部に「新東京国際空港」(現・成田国際空港)の建設が決定され、1978年の空港開港や高度経済成長とともに、市域の経済・産業構造に多大な変化がもたらされる事になる。
    かつては純農村であったが、現在では農業人口は減少し都市近郊農業型へと転換している。その反面、空港関連のサービス業など第三次産業が生まれ、新たな雇用が創出された。また観光面ではかつて程の活況は無くなりつつあるが、成田山新勝寺では現在も正月三が日だけで270万人以上、年間約1000万人もの参拝客で賑わう、全国屈指の霊場の町である。
    成田空港の騒音であるが、空港用地の一部がかかる芝山町などの被害は見過ごされがちであるのに対し、成田市街地からは離れた丘陵部に位置しているため、騒音被害をほとんど受けない地域も多い。空港用地の大部分は成田市に属するため、関連の税収は成田市に入ることが多く、財政の豊かさは全国有数である。しかし、騒音被害を受けるのは空港周辺と航路直下であるため、利益を独り占めしているという批判もある。なお2008年に開港30周年を迎えたが、現在も空港の完全開港はなされていない。現在、地域と共生する空港づくり掲げ、航空需要の増大に従う騒音問題などに向き合っている。
    1986年には一極集中の回避を目的とする業務核都市に指定され、千葉県からは千葉新産業三角構想の中核都市として位置付けられている。国の構造改革特別区域法に基づき2003年4月21日に国際空港特区、同年5月23日には国際教育推進特区に認定された。2006年(平成18年)3月27日、香取郡下総町、大栄町を編入した。
  • 特産
    • 和菓子、羊羹 – 明治15年、成田山新勝寺の精進料理の一つとして出されていた栗かんからヒントを得て、練り羊羹が考案され参詣客への土産物として売り出したところ大ヒット。現在までに品質改良を重ね、現在では多種多様物が売り出されている。また、まんじゅうや餅菓子等の和菓子が加わり、成田山の名物となっている。(米屋、米分、柳屋など)
    • 漬物 – 「瓜の鉄砲漬」が代表的。瓜を鉄砲のようにくりぬいて、その中にシソの葉を巻いた青唐辛子を詰め、醤油、みりんなどの調味料で漬け込んだもの。
    • 酒 – 千葉産の米と成田層から汲み上げる清冽な地下水を使用し仕込まれた酒は、酒通の間でも知られている。(鍋店、滝沢本店など)
    • 佃煮 – 成田の佃煮は、明治20年頃、印旛沼で取れたハゼと小エビを加工する事で開始されたと言われている。印旛沼のフナ、ワカサギなどの甘露煮、スズメ焼きなどが有名。
    • レンコン – 旧下総町の特産品で、国の減反政策がきっかけで栽培が始まった。現在ではハウス栽培、二年掘り、筋掘りなど多彩な栽培方法を組み合わせも、一年中市場へ出荷されており、その販売戦略などが高く評価され、平成12年、日本農業賞大賞(集団組織の部)を受賞している。
    • ベニアズマ – 旧大栄町の特産品で、サツマイモは祖生産額・作付面積と共に全国トップクラスで生産量は県内1位。その品質と味の良さについては最上級といわれ、東京市場に出荷されている。この様な中、新たなブランド品として「大栄愛娘(たいえいまなむすめ)」を作り、生産者が協定を結び、苗から出荷まで高品質に拘ったサツマイモを生産している。
  • 出身有名人
    • 佐倉惣五郎(義民)
    • 鈴木雅之(国学者)
    • 神山魚貫(歌人)
    • 三橋鷹女(俳人)
    • 浜野弥四郎(台湾総督府技師・台湾の水道建設に尽力)
    • 柏原文太郎(衆議院議員)
    • 牧野佐二郎(生物学者)
    • 篠崎輝夫(洋画家)
    • 圓城寺次郎(記者、元日本経済新聞社社長)
    • 国本武春(浪曲師)
    • 石原照夫(元プロ野球選手)
    • 稲葉義男(俳優)
    • ゆうたろう(石原裕次郎の真似で知られる物まねタレント)
    • 加瀬あつし(漫画家)
    • 岩舘学(プロ野球選手・北海道日本ハムファイターズ)
    • シムラユウスケ(現代アーティスト芸術家)
    • 島崎毅(元プロ野球選手、プロ野球投手コーチ)
    • 井川祐輔(サッカー選手・川崎フロンターレ)
    • 船山貴之(サッカー選手・ジェフユナイテッド市原・千葉)
    • 船山祐二(サッカー選手・東京ヴェルディ)
    • 唐川侑己(プロ野球選手・千葉ロッテマリーンズ)
    • 田中智美(陸上競技選手)
    • 大野恵(北海道テレビアナウンサー)
    • 永山美穂(フリーアナウンサー)
    • 藤井浩二(鉄道愛好家、京成電鉄OB)
    • 小坂由里子(ナレーター)
    • 高松新一(漫才コンビ・オジンオズボーン)

※一部wikipediaより引用