千葉県佐倉市の適正価格と平均価格の比較

千葉県佐倉市の適正価格と平均価格の比較

プロパンガスのお支払いが高い方、お引越しを検討している方もご参考にしてください。プロパンガス協会の実績数値よりの算出です。

■調査方法
基本料金1500円で10立方ほど使った場合

■適正価格と平均値を比較
【基本料金】
適正価格:1500円
平均額:1763円

【従量単価】
適正価格=280円~330円
平均額=527円
※平均値300円で算出。

【月間金額】
適正価格=4500円
平均額=7033円

【年間金額】
適正価格=54000円
平均額=84396円

【トータル】
月間差額=2533円
年間差額=30396円 (税抜)

表示は税抜き価格です。継続可能な金額になります。

お住まいのエリアやガスの利用状況により価格は変動します。

千葉県佐倉市の適正価格

年間での差は適正価格の方が30,396円もお得。現在の平均金額を見ても、当サイトが推進している適正価格よりも高くなっています。ご自宅のプロパンガス価格に置き換えてみて、適正価格でないと感じた場合はすぐにご相談下さい。

TEL:0120-828-969(通話無料)

佐倉市(さくらし)は、千葉県の北部に位置する市。人口約17万2千人で、千葉県では流山市に次いで人口第9位である。東京都特別区部への通勤率は20.4%(平成22年国勢調査)。

  • 隣接自治体
    千葉市、四街道市、八千代市、
    印西市、八街市、
    印旛郡酒々井町
  • 総人口
    172,574人(推計人口、2016年6月1日)
  • 地理
    • 千葉県の北部、北総台地の中央に位置する。都心から約40kmの地点に位置する。
    • 地価高騰のおりは都心50km圏まで通勤圏が拡大したことにより、都内へ通勤する人、いわゆる千葉都民が増加した。成田国際空港まで約15km圏内である。気候
    内陸性の気候で、冬は千葉県の中では寒さが厳しく、朝晩は氷点下の毎日が続き、-5度前後まで冷え込むことも珍しくない。1984年1月20日には-12.7度という低温を記録している。
  • 観光
    • 市北部に印旛沼、その沿岸に自転車道(自転車歩行者専用道路)千葉県道406号八千代印旛栄自転車道線(通称「印旛沼自転車道」)があり、散策に適している。また、観光用の屋形船が市を南北に流れる鹿島川から出ている。佐倉地区
    • 佐倉武家屋敷、佐倉順天堂記念館、鏑木町・新町・弥勒町などに点在する寺社や旧商家など、佐倉藩だった頃の姿をそのまま保存した歴史的建造物。
    • 旧佐倉藩武家屋敷群(武家屋敷通り) 市内には10棟の江戸時代建築の武家屋敷が現存しており(平成22年2月現在)その数は関東地方では最多である。明治初頭建築の広義での武家屋敷を併せるとその残存数はさらに増える。特に市内宮小路町の鏑木小路にある武家屋敷通り沿いには非公開の個人住宅を含め5棟の武家屋敷が連続して残り、その内3棟が復元され一般に公開され、観光スポットとなっている。侍の杜と名付けられた旧佐倉藩士2家分の武家屋敷地を利用した緑地も公開されている。関東では唯一の武家屋敷群である。
    • サムライの古径(こみち)ひよどり坂 江戸時代の記録にも出てくるその当時からほとんど変わらない竹林内の坂道である。旧佐倉藩武家屋敷群に隣接している。様々な種類の竹垣が効率よく配されている。「侍」と書かれた御簾垣もある。武家屋敷通りと併せ、観光スポットになっている
    • 旧堀田邸 最後の佐倉藩主が明治期に本邸として使用した住居。建物、庭園ともに良好に残っている。
    • 佐倉城址公園 水堀、空堀、天守台・櫓台跡などが良好に残っており、日本100名城に選定されている。
    • 国立歴史民俗博物館 佐倉城址公園に隣接。
    • 佐倉市立美術館
    • 佐倉新町おはやし館
    • 佐倉ふるさと広場
    • 塚本美術館 平安時代から現在までの日本刀専門のユニークな美術館。
    • 甚大寺
    • 麻賀多神社

    臼井地区
    • 臼井城址公園
    • 印旛沼サンセットヒルズ
    • 野鳥の森
    • 佐倉草ぶえの丘
    • オランダ風車(佐倉ふるさと広場のシンボル)春には一面にチューリップ畑、秋にはコスモス畑が広がる。
    • 佐倉印旛沼国際花火大会 1956年の「佐倉樋之口橋納涼花火大会」に始まり、1989年に現在の名前になった。世界各国の花火を集め、佐倉ふるさと広場近くから花火を打ち上げる。毎年8月の第一土曜日に行われ、約2万人の見物客で賑わっていたが、市の財政難と見物客のマナーの悪さ、安全上の問題を理由に2005年度より中止される。しかし、市民からの要望や、蕨市長の公約の1つでもあり、2007年度より佐倉市民花火大会として再開した。

    根郷地区
    • 川村記念美術館
    DIC(旧称・大日本インキ化学工業)の創業者である川村家が収集した美術品を展示。JR佐倉駅前、京成佐倉駅前より直通シャトルバスを運行。
    また、市内在住の有森裕子や高橋尚子が小出義雄監督と共に走っていたコースがあり、現在は金メダルジョギングロードとして整備されている。

  • 出身有名人芸能・マスコミ
    • 秋山浩徳(元MOON CHILD・ギター)
    • 浅井忠(洋画家)
    • AMEMIYA(タレント)
    • 香川松石(書道家)
    • 加賀美早紀(元女優)
    • 川上未遊 (声優)
    • 児玉絹世(タレント)
    • 佐久間あすか(テレビ大阪アナウンサー)
    • 櫻井慶治(洋画家)
    • 佐藤由梨(タレント)
    • 菅谷大介(日本テレビアナウンサー)
    • 原沙織(タレント)
    • パペットマペット(タレント)
    • 堀越のり(タレント)
    • 清宮佑美(タレント)
    • バンドBUMP OF CHICKENのメンバー
    • 藤原基央
    • 増川弘明
    • 升秀夫
    • 直井由文
    • 宮本文昭(指揮者、元オーボエ奏者)

    市内在住の著名人
    • 有森裕子(マラソン選手、バルセロナ五輪銀メダリスト)
    • 久保浩(彫刻家)
    • 千葉真子(マラソン選手)
    • 冨田洋之(体操選手、アテネ五輪金メダリスト)
    • 鹿島丈博(体操選手、アテネ五輪金メダリスト)
    • 原田知世(タレント)
    • 浅野温子(タレント)
    • 車だん吉(タレント)
    • モンキー・パンチ(漫画家)
    • 栗原まもる(漫画家)
    • 高橋真琴(画家、イラストレーター)
    • 笙野頼子(小説家)

    市内元在住の著名人
    • 高橋尚子(マラソン選手、シドニー五輪金メダリスト)
    • 福留功男(アナウンサー)
    • 幸なずな(漫画家)
    • 山川惣治(故人。絵物語作家、漫画原作者)
    • 藤木直人(タレント)
    • 荻野目洋子(タレント)
    • 藤原基央(バンドBUMP OF CHICKENのメンバー)幼少期からやがて上京までの間、市内に暮らしていた。
    • 京田未歩(シンガーソングライター)
    • 伊藤美紀(声優)以前、bayfmの佐倉市広報番組「DREAM ON SAKURA CITY」を担当したこともあった。
    • 児玉源太郎(旧陸軍軍人)佐倉歩兵第2連隊長として5年間在住。
    • 平井美鈴(フリーダイバー、世界選手権金メダリスト)

※一部wikipediaより引用